研究プロジェクト

脳画像を用いた臨床精神医学研究
Clinical Neuroimaging and Neurophysiology

精神疾患はこころの問題のなかで最も重要なもので、その原因はさまざまですが、最終的には脳の機能障害が起こっていると考えられています。本研究室では、磁気共鳴画像(MRI)、近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)といった脳構造・機能画像計測(Neuroimaging)や、脳波事象関連電位(ERP)、探索眼球運動(Eye tracking)といった神経生理検査を用いて、精神疾患の病態解明臨床応用可能な客観的指標(バイオマーカー)の開発を目指します。

コホート研究による精神症状・精神疾患の発症機序の解明
Epidemiology

精神疾患には、出生体重、両親の離婚、戦争や災害などのトラウマ体験、いじめなど、様々な環境要因が発症因子や予後予測因子となることが分かっています。こうした精神疾患でみられる特徴が、より幅広くとった精神症状を有する群でもみられることが最近明らかになりつつあります。これらの研究を可能にするのが疫学(コホート研究)といわれるものです。近年では、脳画像計測を組み合わせるバイオバンクも注目されています。本研究室では、東京都の一般健常思春期3000名を対象としたコホート(東京ティーンコホート)英国出生コホート精神疾患研究レジストリを用いて、大規模データの解析を通して精神症状・精神疾患の発症機序の解明を目指します。

精神疾患へのスティグマ
Mental Health-related Stigma

スティグマとは、偏見や差別によって個人の行動や社会が変容することを言います(日本語訳では差別や偏見と置き換えて問題はありません)。精神疾患へのスティグマは、現在においても大きな社会問題であり、スティグマを軽減することによって、その人の人生さえ変えることができると考えられています。精神疾患へのスティグマを少なくする戦略としていくつか挙げられていますが、科学的根拠が乏しい状況です。本研究室では、「根拠に基づくアンチスティグマ活動研究会」を主催し、日本におけるスティグマ軽減戦略の研究拠点として、教育・啓発活動に還元することを目指します。

タイトルとURLをコピーしました